菊池がヤマトシジミ

妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えてよりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。

そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を心掛けたいですね。

妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

これらのお茶はカフェインが入っていません。

赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。

さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、妊娠しやすい体作りができるのです。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

長男を出産した後でしたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしました。

その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。

葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。

ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。

総合的な摂取量としては不足している、という場合もあります。

クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

基礎体温はつけていたんですけど、授かることができず、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。

特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は忘れてはいけません。

こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いと思います。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。

サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が難しくないですから一番簡単な方法だと言えます。

妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。

中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。

ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経が整い、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。

少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。

ですから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です