離婚しなくても慰謝料の請求はできます

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられる場合があります。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けてましょう。

それに加えて、しばしばもしガソリンを入れていたら、デートを車でしている可能性はゼロではありません。

なんとアルバイトの探偵がいる場合があるんです。

探偵をするアルバイトを検索してみると、求人情報が表示されます。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。

浮気の調査をお願いする場合には、個人情報がないと調査のしようがないですよね。

バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は低くなるのです。

それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。

無関係な人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。

まずは落ち着いて、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな類似した仕事をしています。

ただ、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

浮気調査でなにより大事なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

不倫行為が確実ではない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。

証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、怪しまれぬよう監視を続け、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいということではありません。

浮気を調査していると、トラブルが発生する可能性があります。

その時、どれだけ依頼者のことを一番最初に考えてくれる探偵が信頼に値する探偵と言えます。

探偵が信用できるか否かは、相談中の相手の印象を見るようにしてじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

まず探偵について見てみるならば、怪しいと思われることを避けるために警戒を怠ることなく粘り強く少しずつ情報を集めますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に身分や目的を開示してから正面からの調査を行う傾向にあります。

探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと結論できそうです。

http://xn--pcmax-h17ha221tiq5cjx1aca.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です